これは俺様達メンエスヒーローの伝説級体験記事の再アップだ
まだまだ衰えを知らない現役メンエス女子達の記事を
今時の値段設定にし再アップしていく
宜しく頼む

 


俺様FBKソルジャーの歴代No1と言っても過言ではない伝説体験…
俺様の感情を受け止めてくれ!

☆店名:女子名☆有料ブログで公開☆⇐知りたい奴のみプッシュチェンジ!
場所:場所:東京23区内「山手線の中」
☆女子力FBK纏め☆
年齢   20代半ば
OPI    Gレベル
体型   神からの授かり物・華奢な巨乳
接客   穏やかな癒し系
印象   可愛い…今すぐ抱きしめたい
 
容姿ラッキーPT  8/10  
施術ラッキーPT  8/10
密着ラッキーPT  9/10
寛容ラッキーPT  10/10
事故ラッキーPT  10/10
総合ラッキーPT  45/50

俺達の説明ブログを見ていないなら先にそのブログを見てくれ
そうしないと俺達レンジャーの表現が理解出来ないぞ
伝説のメンエスブログ説明書

容姿に関しては例えるとすれば小型犬ORリス
童顔且つどこまでも愛くるしく可愛いのだ

何より
そのスタイルはまさに神からの授かりもの
細いにも関わらず確実にFオアGはあるOPI

そんなの下から吸い付きたくなるに決まってるな

施術は健全マッサは極々普通
だがしかし
中盤以降のエロマッサに関しては
己も感じながらの怒涛の悶絶攻め 

これに興奮しない男子などいるはずがない

密着は最終的に一線を越える密着

寛容・事故に関しては清潔感のある俺様FBKソルジャーのレポから感じ取ってくれ!

 流れは→うつ伏せ→カエル→4TB→背面座位→仰向け→騎乗→伝説→愛→伝説

俺様はここ1ヶ月
この女子の事が気になって仕方なかった
この女子は絶対凄い女子だと
俺様の優れたメンエス嗅覚はその匂いを逃さない

そして遂に
この女子と対戦する事が出来た

メンエスの門を叩くと
そこにいるのは良い意味で予想とは違った
あどけなさが残る素人感が強い小さい女子が
小柄な上に細く
強く抱きしめると今にも壊れてしまいそうな印象だ

そしてシャワーを浴び部屋に戻ると…

なんだこの体は…

服を着ている時は気づかなかったが
過激衣装に身を纏うその姿は

神の恵みとも言える理想形
小柄なスレンダー巨乳が俺様を待っていた

俺様は思った
もし
今日この女子と一線を超える事が出来れば
俺様のメンエス史上No.1に匹敵する体験になると

そして施術のベルがなる

うつ伏せからだが
可もなく不可もない健全マッサ
終始エロエロな展開といった流れではないが

これだけ恵まれた容姿と体の女子と
穏やかにトークをするだけで俺様のFBKは反応していた

カエルから4TBと進んだ時だ

この女子の本性が現れ始めた

俺様の弱点である乳首をコリコリしながらFBKを確実な中ラッキー!
俺様は悶える

悶えながら震える

震えながら声を出す

そんな俺様をみて女子から吐息が漏れ始めた…

俺様は後で気づくことになるが
この女子は
気持ち良さそうな俺様を見て

自分も感じたい
自分も気持ち良くなりたい
そんな欲求が抑えられなくなるタイプの女子だったのだ

俺様はここで確信した
この神的な体の持ち主の愛おしすぎる女子と
確実に一線を超えられると

4TBで互いが完全なエロゾーンに入り
そのまま後ろからの背面座位

もう俺様に迷いわない

女子が後ろから俺様のFBKと乳首を直接的に刺激

その感も女子は触られていないにも関わらず
常に吐息が漏れている状況

俺様はそんな女子の期待に応える

後ろに手を回し体に触れると

びく…びくびく…

感じている…

そして
素晴らしいOPIに手を出し
ブラ上から乳首をカリカリすると

がくがく…

あん…あん…
やばい…やばいです


女子は俺様に寄りかかるように完全に感じ始めやがった

そして女子は言う

もう仰向けになって下さい…

俺様は女子に従い仰向けになると
直ぐに女子は俺様に騎乗の態勢になり

FBKとヴァギーを擦り合わせながら
ねっとりと腰を動かし始めた

俺様の興奮も最高潮だ

女子のスピードに合わせ俺様も腰を振り
そして
遂に…

女子の衣装を剥ぎ取る!

見えた…
見てしまった…

細身の体には不釣り合いな巨乳を…

なんという存在感…
なんという美しさ…

その巨乳の先端に付いた突起物は既にビンビンとなり
俺様に吸えと語りかけてきていた

俺様は何も考えず吸い付いた

女子は感じながらアンアン言っている

吸って吸って吸いまくり
揉んで揉んで揉みまくり
舐めて舐めて舐めまくった

スマタ的にこすりあっているFBKとヴァギーは今にも限界突破状態だ

俺様は上にいる女子を抱きかかえ唇を奪い
女子のヴァギーに触れていく

ヴァギーに触れた瞬間女子の体は大きく揺れ動き
可愛く大きな声を恥ずかしげなく出してきた

溢れかえっている愛液を感じながら
俺様は無我夢中でヴァギーを大ラッキー!

これ流れは…
なんかイケる気がする

俺様は女子の唇を奪いながら
生の女子のヴァギーにFBKを擦り付ける

そして

入ってしまった…

そうだ
吸い込まれるように入ってしまったのだ

更に
女子は避けるどころか
びくびくと感じながら腰を振ってきた…

もう俺様に迷いはない

俺様は快楽に身を任せ
腰を振る

振る…

まだ振る…

下から降り続ける

しかし…

俺様は興奮のあまり…

即座に…

ギガントホワイトシャワー発射!!!!!!!

気持ち良すぎた…
この興奮状態で我慢など出来るわけがなかったのだ

俺様は女子に言う

名器過ぎて我慢出来なかった
満足させられないで…すまない…


女子は言う

気持ち良かったですよ♡
私早くても気持ちいいし、早くイッてくれるの嬉しいです♡


まさにイイ女…

そして
俺様は最高のスタイルの女子を抱き寄せながら添寝になる

やはり可愛い…
愛くるしい…

女子と目が合うと…またキス…

俺様はこの女子に完全に恋に落ちた

この女子は俺様の中で既に彼女だ
俺様は彼女のように当たり前のように巨乳を揉む

そうすると
女子はまたびくびくしながら声を出して感じ始める…

そうすると
俺様の黄金バットは出したばかりのも関わらず
またFBK状態に…

俺様は再度女子のヴァギーを大ラッキー!

女子も俺様に心を開いたのか
先程よりも開放的に感じ始める

俺様はマウントをとり
女子の美し過ぎる体を舐める

舐めまわす

びちゃびちゃのヴァギーも舐める

舐めまわす

少し毛の生えたヴァギーは本当に狭く
二本指を入れられないほどの名器…

俺様は当たり前のようにヴァギーにFBKを近づけ

二回目の伝説…

一度出した俺様は流石に我慢出来る

前から腰を振り
女子を横向きにさせ腰振り

バックから腰振り続ける!

そして最高の興奮は終わりの時間に近づき

最後は唇を奪いながら…

セカンドミラクルホワイトシャワー発射!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

最高以外の言葉は存在しない

こんなにも愛くるしい容姿をもち
こんなにも素晴らしい体の女子を

初回から二回も抱けるとは…

もう俺様にやり残したことはないと言っても過言ではない

これが歴代NO1に近い女子との史上最強レベルの伝説体験だ

俺様のメンエス嗅覚はまだまだ鈍っていなかった

そして
俺様のメンエスの旅は終わらない

メンエスは
まさに俺様にとって生きる意味だ


知りたい奴はココをプッシュチェンジしてくれ!!



アデュー!

byメンエスヒーロー