俺様FBKソルジャーが
実は甘えん坊の大人可愛い女子と愛を確かめ合ってきた

俺様の愛を感じてくれ

☆店名:女子名☆有料ブログで公開☆⇐知りたい奴のみプッシュチェンジ!
場所:東京23区内「山手線中」
☆女子力FBK纏め☆

年齢   20代後半
OPI   Bレベル
体型   若干のムチ
接客
   丁寧だが本当は甘えん坊
印象   可愛くて目を見ていると吸い込まれそう

容姿ラッキーPT  8/10
施術ラッキーPT  8/10
密着ラッキーPT  9/10
寛容ラッキーPT  10/10
事故ラッキーPT  9/10

総合ラッキーPT  44/50

俺達の説明ブログを見ていないなら先にそのブログを見てくれ
そうしないと俺達レンジャーの表現が理解出来ないぞ


容姿に関しては整った可愛い容姿且つ目が大きく
その目を見ていればこの女子の可愛さに引きずり込まれそうになる感覚になるはずだ

胸はちっぱいだが
きめ細かい肌質とそそられる綺麗な尻は最高だ

そんなのお互い何も着用せず
愛を確かめ合いたくなるに決まってるな

施術は歴も長く健全マッサも出来る
だが
この女子の怒涛の責めと抜群のエロマッサ

そんなの手が出ちゃうに決まってるな

密着は常に愛を感じる密着

寛容・事故に関しては最高の肌質の俺様FBKソルジャーのレポから感じ取ってくれ!

流れは→ソファー→仰向け→イチャつきMAX→うつ伏せ→四つん這い→仰向け→伝説未遂

俺様はこの日
一線を越える自信があった

理由はない
だが何故かこの女子に会う前から行ける気がしていた

そんな日は結構な確実で一線を越える事が出来る

何事も自信は大切という事だ

そして玄関を開け女子と対面する

俺様は思った

この女子は絶対甘えることが好きなニャンニャンちゃんだと

決してあからさまなニャンニャン接客ではない
どちらかと言えばホスピタリティ高めの接客だ
だが
何故か俺様はこの女子が男に甘える事が絶対好きだ

そう直観で感じた

そしてソファースタートするが
密着感と顔の距離が凄まじい

可愛く大きな目を見ていると己の理性が飛んでしまいそうになる
そして
俺様は女子を抱きしめキッスを求める

っちゅ…ちゅっちゅ…

まさに興奮

女子はまだ出会って10分程度の俺様の唇を受け入れたのだ

しかし
俺様はそれ以上の責めは理性で回避
何故ならば
俺様はこの女子の密着マッサを楽しみたかったからだ
俺様はメンエスを楽しみたいんだ

マットに移動し仰向けの指示から再度超密着

うぐ…

今にも手が出そうになるが俺様は我慢出来る男だ
必死に攻撃を我慢する

すると女子は俺様の乳首と既にFBK状態の黄金バットを怒涛に攻め立てる

うぬ…

なんという気持ちよさ…

そして再度目を見つめると再度この女子に吸い込まれていく

っちゅ…ちゅっちゅ…

何故だ?
何故そんなにも俺様を受け入れるんだ?

俺様は自問自答を繰り返しながら
女子の綺麗な肌を感じながら尻を鷲掴み

どうにか理性を保つ

まさに俺様は究極の我慢の王者FBKソルジャーだった

どうにか我慢しうつ伏せ
ようやく落ち着いて女子と会話をするが
性格がよく話をしていると
とても落ち着く

それにしても常に抱かれている感覚になるほどの密着感…
そして女子を背面からも俺様を誘惑してくる

密着しながら耳元に息を吹きかけながら
更に
吐息を漏らして挑発

更に女子は言う

「ソルジャーさん、私の事好きになってね♡」

うぬぅ…

俺様は言う

「当たり前だ、もう大好きだ」

やはり俺様の直感は正しかった

これからこの女子は甘えん坊になりながら俺様に密着してきた

そして4TB

女子は俺様の乳首とFBKを丹念にこねくり回す
充分楽しませてもらい仰向け

もうここからは客とセラピストの関係は崩れ去り
男子と女子の関係性のみだ

女子は待ったいたかのように俺様に隣に寄り添い
俺様は当たり前のように女子を抱き寄せた

そして…

っちゅ…んちゅ…ちゅっちゅ…

ここからは嘘のような本当の会話

女子は言う

「ソルジャーさん私の事好きって言って」


俺様は答える

「〇〇の事が好きだ!好きだ〇〇」

激しく抱きしめあい
俺様は女子の衣装とブーラを取り外し
お互い生まれたての姿で求め合った

何度も何度もキッスを繰り返し
女子の綺麗な肌を感じながら乳首を舐める

舐めて舐めて舐めつくす

そしてヴァギーに触れた時には

言葉など要らない状況だった

俺様はこの女子を心から愛した
その愛をもって女子のヴァギーを大ラッキー!

大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!

もうビチョンビチョンになり過ぎている

そんなビチョンビチョンになり過ぎているヴァギーを舐める

舐めて吸って舐めつくし

吸って舐めて吸い尽くす

これが愛だ

愛し合う全ての準備は整った

俺様達の間にもう言葉など要らない

そう思い俺様はFBKをヴァギーに擦り付け

伝説…

だが女子は言う

「だめ…付けて」

なぬ…

だが俺様はこの日持ち合わせていなかった…

俺様は言う

「ない…ないんだ…」


女子は言う

「え…我慢出来る?」

俺様は究極の我慢出来る男だ

女子がつけて欲しいなら従うのが男の務め

俺様は伝説を諦め
女子と更に求めあうようにキッスの嵐

そして女子の攻撃が始まり
FBKを大ラッキーし始め俺様の乳首を舐める


舐めて舐めて大ラッキー!

俺様はイケると判断し
女子を69の態勢に誘導

そして女子は俺様のオイルまみれのFBKを…
ちゅぱちゅぱ大ラッキー!

お互いがお互いの感じあう部位を舐め合い合戦

そして時間も俺様も限界に近付く

俺様は女子に再度乳首を舐められながら大ラッキー!

大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!大ラッキー!

いざ、レインボーマウンテンホワイトミラクルシャワー発射!!!!!!!!!!!!!!

精魂尽きた戦いだった…

完全な恋人同士の仲になり
女子は俺様に甘え続ける

そして俺様は言う

「次は持ってくるぞ」

女子は言う

「うん♡ずっごく楽しみにしてる♡」

まさにILOVE YOU♡

これはその日その時その場所で起きたメンエスでの伝説未遂体験だ

全ては女子に選ばれてこそ成立する最も興奮する体験

女子に優しく接することが出来ない悪は

一生地下鉄のトイレで自家発しておけ


知りたい奴はココをプッシュチェンジしてくれ!!


byメンエスヒーロー