SPACE:71

公開から2ヶ月経過した
この有料ブログは買えない金額に変えさせてもらっている
宜しく頼む

主婦と人妻しか愛せない男が新しくレンジャーの仲間になった
その名は
横SKホワイト
ごくごく普通の雰囲気の女子が特に興奮するといういかれっぷりだ

早速しっかりと体験をブログ風にレポしてきやがった
変態気質が垣間見れるレポだ
変態極まりない
横SKホワイトのレポをほぼそのまま公開させてもらう


☆店名:女子名☆有料ブログで公開☆⇐知りたい奴のみプッシュチェンジ!

場所:中野ー吉祥寺間

☆女子力FBK纏め☆
年齢   30代後半
OPI    Cレベル
体型   程よい肉付き
接客
   落ち着ける柔らかい口調
印象   経験豊富でオールマイティー姉さん

容姿ラッキーPT  6/10
施術ラッキーPT  8/10
密着ラッキーPT  6/10
寛容ラッキーPT  8/10
事故ラッキーPT  8/10

総合ラッキーPT  36/50



俺達の説明ブログを見ていないなら先にそのブログを見てくれ
そうしないと俺達レンジャーの表現が理解出来ないぞ
伝説のメンエスブログ説明書


容姿に関してはそこそこ綺麗なお姉さんタイプのようだ
スタイルも悪くなく
熟女好きな奴ならストライクのようだな

施術は健全マッサは正にプロレベル
エロマッサもしっかりと悶絶させてくれるようだ

密着は健全マッサ時はそこそこのようだが
終盤は一線を越える密着

寛容・事故に関しては横SKホワイトのレポからリアルを感じてくれ!


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここからが横SKホワイトのレポ↓↓↓↓↓↓↓

入店後、お茶をすすめられ、冷たいお茶を頂いた。
椅子に座ってお茶を飲み、メニューを紹介される
メンズエステは初体験と嘘を伝え、完全にエロのイメージを消す。
 
メニューには基本コースの他に
裏メニュー(具体名は忘れた)があり、SKB集中らしい
 
エロが目的ならこちらがおすすめですよ・・と、教えてもらうが
すっとぼけて真面目なサラリーマンを装う
 
「僕・・・初めてなんで・・・基本コースのノーマルでお願いします。
 気持ちよかったら、次回裏メニューでお願いしますね。。」と、期待を持たせる 
 
「お兄いさんいい人だから、ホットマイマスクサービスしますね。とアイマスクをサービスしてもらう。 
「あーありがとうございます。でも、このアイマスクしちゃうと、綺麗なあなたが見れないから
 アイマスクは必要ないです」と、やんわりと断る
 
「えーそんなに綺麗じゃないですよ・・・」と照れた感じが可愛い
 
【シャワーをあびて、うつぶせになり施術開始】
 
マッサージはとにかくうまい。。
個人的にタイマッサージ、アーユルベーダなどのオイルマッサージ系は
そこそこ通っているが、そこに匹敵するくらいきもちいい
 
 
「いえいえ、急に電話して予約したのに、こんな綺麗な方に施術してもらうなんて
 今日は僕ラッキーですね・・・今日はいいひだ。。」と、つぶやき気味に・(何回かつぶやく)
 
「私、エステ経験ながいので、本当はエロじゃなく、本格的なマッサージの方がやりたいんです。
 だから期待して下さい」と 嬢
 
「お姉さんの声を聞いていると、癒されるし、マッサージうまいですね。。」と 
「いやーこんなうまいマッサージだと、リピーター多いんじゃないんですか?しかも美人だし・・・」
笑う声と、話す声がとにかく癒される。。
 
「実は・・・・・僕・・・・いや・・恥ずかしいからやめときます。。」と、もったいぶって話をじらす
「なんですか?何でも言って下さい。ちゃんと聞きますよ。。」と 嬢
 
「いいんですか?・・」
「実は・・・僕・・・EDなんです。もう何ヶ月もたたないんですよ。。。恥ずかしいんですけど」
「今までは朝も、昼も、夜もビンビンだったんですけど、仕事のストレスですかねー?」
 
「仕事頑張ってるんですね。」と、はにかむ声と仕草がかわいい
 
 
そして、ようやく鼠径部へ
 
「じゃー 仰向けになって下さい。」と 嬢
 
「ちょ・・ちょっと待って下さい。。股間が変なんで、ちょっと待って下さい・・」と勃起したところを手で隠すと
 
「えー・・もうたってますよ。。」と笑う声がかわいい
 
「本当だ・・」と 僕(わざとらしい。。笑。)
「こんな感覚初めてですよ。あなたの声とマッサージで、我慢できなくなりました・・」
 
「じゃーもっと気持ちよくしますね。。」と 嬢
 
その時点でお尻が僕の方に向いていて、
僕はお尻を触りました。
 
拒否反応がなかったので、スカートをめくり琥珀色のパンツを触り、お尻をなめる。ペロペロ。。
 
「このパンツ、普段履きですか?」
「そうですね。。」
 
「アーかわいいパンツ・・」と言いながら、お尻がこっちに近づきます。
 
そして、パンツ越しにヴァ〇ーを触り、さらに勃起
 
「すみません。一つお願いがあるんですけど・・・」と僕
 
「おっぱい見せて欲しいんですけど・・・」と僕
「そんな事、いいですよとは言えないですよ。。」と、嬢 これはOKサイン?
 
服の上から触り、肩の紐ズリ下げ、生OPIを触られてもらう。
ほどよい大きさで肌色の乳〇(まじまじとみながらペロペロ)
 
「もう一つお願いがあるんですけど・・」と僕
 
そこから黄金バットを大ラッキーしてもらい超絶しました。
 
「本当はいけないんですよ、特別なんですからね。。」と嬢 その声もかわいい
 
 
という具合です。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

なんてこった…
嘘を嘘で塗りつぶしながら女子との関係性を深めていくとは…
変態を通り越しもはやキチガイだ!

しかし
横SKホワイトのレポはある意味恐怖を覚える味わいがあるな

最近俺様FBKソルジャーはあまり熟女と対戦していないが
横SKホワイトのレポをみて
久々に熟女ならではのエロさを堪能したくなった

若い女子ばかり突撃している仲間もたまには熟女のエロを味わってみてはどうだ
若い女子には真似出来ない熟女のエロさを体感すべきだ

全ては互いの了承の上に起きた体験だ
選ばれてこその超絶体験
努力は必須!
女子に気に入られるよう努力しないやつにメンエスで伝説級体験は起きない!

それでも!

知りたい奴はココをプッシュチェンジしてくれ!!

ヨッシャラッキー!!

byメンエスレンジャー